カテゴリに作品を追加しました。          このサイト内の画像の無断使用・無断転載等は堅くお断りしています。    有果里
by yukari-79515

b0161480_73097.jpg

「伝」という電子書籍の3号に私の事を紹介して頂きました。
下記サイトから無料でダウンロード出来ます。
29ページ目から数ページに渡って、過去の作品の画像と素晴らしい文面にて綴って頂いております。
ダウンロードサイト→

-------------------------------------

メールはこちらより→
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
画像一覧
2016年 10月 31日
2017年 年賀状
b0161480_10161265.jpg

どんどん年末に近づいてます。
今年も年賀状デザインのお仕事を頂きました。

■キラリと輝くおしゃれな年賀状2017/インプレス
■もらってうれしい おしゃれな年賀状2017/KADOKAWA
■おしゃれ年賀状2017/宝島社
■しあわせを呼ぶ年賀状2017/マイナビ
■おしゃれでかわいい年賀状2017/マイナビ

既に本屋さんには並んでおります!
ぜひぜひ覗いて下さいませ。

ちょっとばっかし昨年の今頃、絵の仕事をセーブしておりました。
私生活に追われ始めてまして、その私生活に逆らわず追われるがままにいようと思っていたのです。
そして年明けに5月の展示が決まったのを期に心を構え始めたところ、仕事のご依頼をどんっと頂きました。
構え始めた心はあっさりキャパオーバーとなり日々パニックでわーわー言うてました。
けれどこうして出来上がってきた紙面を拝見すると改めてありがたい事やなあ、と思えます。
嬉しい事です。ありがとうございます。
わーわー言える内は幸せなんだなと思います。
来年もこういうお知らせが出来たらいいなあ。
頑張ろう。
おー。
[PR]
# by yukari-79515 | 2016-10-31 10:53 | 仕事:イラスト
2016年 10月 10日
それがないと。
b0161480_11244883.jpg

先日六花さんに伺ったところこんなコーナーを作って下さってました。
うおー。ありがとうございますー!
b0161480_11245685.jpg

b0161480_112562.jpg

これまで描いてきた半衿や鼻緒や帯をお買い上げ下さった方々の反応やエピソードをたくさん話して頂きました。
リアルな反応を知らない私にとってこういうお話はモチベーションに繋がるので素直に嬉しいです。
喜んでもらえれば嬉しい、褒めて貰えたら嬉しい。
結局嬉しいから続けられるもので、それがないと何も出来ません。
言い切ってもいいくらい。
何かを続ける理由や目的は相当シンプルだと今は思っています。

それにしても最近めっきり着物を着てません。
六花さんで素敵な着物を見ると「ぅわっはっは〜」となります。たまらんです。
ああ、着たいなあ。
[PR]
# by yukari-79515 | 2016-10-10 11:29 | 仕事:手描き着物小物
2016年 10月 01日
久々納品
b0161480_23461460.jpg

先日久々に六花さんへ伺いました。
のろのろペースですが納品しております。
よろしくお願いします。

こないだ、鎮守の森にある温泉の中を優雅に泳ぐ白くまに、指を咥えられたまま離してもらえず「気分一つでいつ食いちぎられるか分からないなあ」と微かに警戒しながらも気持ち良く一緒に泳ぎ続ける、という夢を見ました。
気持ちよくてなかなか良い夢でした。
現実味ないけれど。
私泳げませんし。
[PR]
# by yukari-79515 | 2016-10-01 01:16 | 作品・布
2016年 08月 25日
日振島へ。
b0161480_1056612.jpg

日振島から見た瀬戸内海。
14年ぶり。
ここは母の故郷です。
子供の頃毎年のように夏休みを過ごしました。
社会に出て毎年お盆に休みが取れない期間があり以後何となく何となく、フェードアウトするように足が遠のいていました。
昨年の暮れに祖母が亡くなり初盆だったこの夏にお墓参りを兼ねて島に帰ったのです。
見渡す景色も飛び込んでくる色も、磯の香りや耳に入る方言も何も変わっていませんでした。
記憶のまんま。
懐かしい。
でも過疎化はぐんと進んだ様子。
そしておじさん、おばさんたちも14年分歳を取りました。
こちらは記憶のまんまとはいきません。
私も中年になったのだから。そりゃそうです。
経過した時間はみんな平等。

不動のような自然に比べれば人の変化は本当に早いなあ。

b0161480_10561565.jpg

島にはもう若い人はあまり住んでいないらしいです。
定期船は1日3本。
ああ、3本かあ。
四国本土まで橋が架かれば住みやすくなって過疎化も止まるかもなあ。
そういや母も幼い頃に「四国本土まで橋が架かったらいいなあ、て考えてた」と言ってたなあ。
親子2代の霞にもならないような夢。ぼやき。

現実考えて毎年でなくとも、時々はここへ帰ってこようと思う次第です。
[PR]
# by yukari-79515 | 2016-08-25 11:46
2016年 08月 23日
個展 さちあられ
えらい遅くなりましたが、2016年5月26日〜30日まで ART HOUSEさんにて開催しておりました個展「さちあられ」の作品をアップします。

本展は絵と言葉の展示でした。
いつも通り絵のみのご紹介にしようかと思いましたが、開催期間中に言葉もそこそこ褒めて頂けたので図に乗る事にしました。
以下、展示のまんまの雰囲気でアップ出来てると思います。

まずは笛と鉦(かね)と小太鼓が ぴーひょろ かんかん ぽんぽぽん と。
バックで鳴り渡っていると思い込んで。
気分乗り乗りなところで、ぽぽーんと読み進めて頂ければ幸いです。

※画像はクリックで拡大します。






b0161480_15541114.jpg
みな みなさまに
幸あれ 幸あれ あめあられ

ふり ふる 幸ふる さちあられ

さあさ さあさ
祈願の旅に参りましょう





b0161480_1554183.jpg
旅立ち 連れ立ち
参りましょう

ほい ほい ほな ほな
行ってきます

皆さま 見送り
ありがとさん




b0161480_15534625.jpg
てってこ とっとこ 歩いて 踊って
進みましょう

えっちら ほっちら 山道 山越え
気張りましょう

おやまあ 歩けど 踊れど 山だらけ
あらまあ お日さん もう沈む



b0161480_15532410.jpg
あっという間に 暗闇 夜道
真っ暗 山道 さすがに 怖い

提灯頼みの 真っ暗 夜道

さて さて どこで 休もかね





b0161480_15531753.jpg
今宵の 寝床は
大きな 大きな 木の洞よ

包んでくれるは
木肌と 夜空と 瞬く星月

ぐーすー ぴーぴー
おやすみよ



b0161480_1553411.jpg
翌朝 一番 川渡り

五色の川は さらさら流る

すすい すいすい こりゃ速い



b0161480_15525310.jpg
この橋 渡れば あと少し

足取り 軽く
小躍り 弾む

も少し 少しで 着くもよう

花も みどりも 色もよう



b0161480_15524120.jpg
着いた 着いた
御社家町

見えた 見えた
鳥居が 見えた

向こうに 大きな
鳥居が 見えた



b0161480_15523273.jpg
ようこそ ようこそ
よう お越し

はるばる はるばる
よう お越し

神さん もうそこ おわします

参ってらっしゃい
願ってらっしゃい



b0161480_15522496.jpg
賽銭 ちゃり ちゃり
も一つ ちゃらりん

時には ぱさりと
一束 二束

・・・なんて 無理無理
やっぱり ちゃらりん



b0161480_15521441.jpg


みな みなさまに
さち あられ

かしこみ かしこみ
申します


[PR]
# by yukari-79515 | 2016-08-23 17:16 | 作品・紙